【放送大学】中国語 I

タグ

中国語Ⅰ【基盤科目】【外国語科目】

放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(水曜)18時15分~19時00分
第2学期:(土曜)23時15分~24時00分

【講義概要】

平易な会話文を題材としながら、現代中国語の基礎を学習する。講義では発音・基礎的語彙・基本的文法事項をバランスよく学習できるよう心がけるとともに、文法項目が単なる項目の羅列に終わらないよう、折に触れて復習を行い、体系的に把握できるように努めたい。スキットは日本人学生が現地の友人の案内で北京を旅行するという親しみやすい内容になっており、現代中国を理解する一助ともなる。

【授業の目標】
現代中国語の発音の習得と、平易な現代中国語文の正確な読解。

(1)本講義の印刷教材は他の一般的な中国語教科書と異なり、スキット部分における中国語文の漢字とピンイン(アルファベット式発音表記)の表記を完全に分離している。その意図の一つは、漢字を通して視覚的に中国語を理解するにとどまらず、中国語に対しピンインを媒介として音声的にアプローチすることにある。学習に際しては常に声を出し、放送番組や印刷教材付属CDを活用するなど、常に中国語の音声を意識しながら学習を進めていただきたい。

(2)どの外国語学習においても同じであろうが、学習の際には可能な限り辞書を傍らに置き、疑問点があればすぐに調べるよう習慣づけたい。以下、現在日本で刊行されている主な中日辞典を挙げる。なお、本講義あるいは「中国語Ⅱ」の学習には(小型ではなく)中型字典が適当である。伊地智善継編『中国語辞典』(白水社)、北京商務印書館・小学館編『中日辞典(第2版)』(小学館)、相原茂編『中日辞典(第3版)』(講談社)、相原茂等編『東方中国語辞典』(東方書店)、松岡栄志等編『クラウン中日辞典』(三省堂)、倉石武四郎著『岩波中国語辞典』(岩波書店)

(3)「中国語Ⅰ」「中国語Ⅱ」を通じての目標は、辞書を引きながら標準的な現代中国語文を正確に読解することに置いている。本科目ではそのための基礎を学ぶことになるが、上記目標を達成するために引き続き「中国語Ⅱ」を学習することを強く勧めたい

【受講理由】

中国語を勉強しているのでもっと理解を深めたい

【興味度】

☆☆☆

【受講した感想】

中国語Ⅰの第12回の講義を見たが、レベルは中国語検定3級くらいかな。ショートレクチャーもとてもためになる話で良かった。見る前は、中国語Ⅱからでいいかと思ったけど、中国語Ⅰから受けても良さそう。僕は、テレビで中国語よりこっちのほうが好き。テレビで中国語は初心者や中国語に興味を持ってもらうことに主眼をおいてると思う。楽しむための中国語と言った感じ。中国語を学ぶのであれば、放送大学の中国語の方が良いと思った。

【放送大学】アグリビジネスと日本農業

タグ

アグリビジネスと日本農業 【コース科目(社会と産業コース(専門科目))】

放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(日曜)11時15分~12時00分
第2学期:(火曜)23時00分~23時45分

講義概要

食料は、多くの産業によって供給されている。今日、社会的分業が高度に進み、食料供給に関わる産業の種類、分野が著しく拡大した。農業生産の過程も細分化され、分業・協業や専門化が進んだ。産業全体でも、多数の産業間の相互関連性を重視するアグリビジネス(農業関連産業)が形成されるようになってきた。一方、農林水産業は、自然生態系の中で動物や植物と共存し、その生態系の維持・存続に努力することが求められる。農業や農村は、精神的、教育的、福祉的、文化的な価値を人々に与えるかけがえのない機能を有する。これらの根幹的な役割を積極的に維持し、高揚することも重要である。

授業の目標
農業のグローバル化が進む中で、変化の目覚しい日本の農業経営及び関連産業である食品製造業、外食産業の現状を理解する。グローバル化した競争的環境下で産業としての農業発展の観点及び地球環境問題や人口増加と信頼できる食料の供給確保という観点から、日本農業の現状と課題を把握する。合わせて、人口爆発と言われる人口増加の中で世界で最も高齢化した日本における農業担い手の考察から、稲作を中心とするアジアの農業を理解する糸口も探りたい。

履修上の留意点
「グローバル化と日本のものづくり(’15)」等のグローバル化が進む今日の日本の産業を考察する科目の履修と「環境と社会(’15)」等の人間と自然という観点から地球環境問題の把握の参考になる科目の履修が望まれる。

受講理由

これから就農する者として知っておきたいから。

興味度

☆☆☆

第12回 日本の食料自給 を聞いた感想

日本の食料自給率は30%言われてます。しかし、1960年代は、80%の自給率があったそうです。その後、下がったのは米を食べなくなったことに起因するそうです。日本が豊かになったことで食料自給率が下がったということ。食料自給率を上げるためには、日本型食生活、即ち和食を食べるようになれば食料自給率は上がるという話でした。確かにそう思いますが、今、米を食べようと言って消費者は米を食べるようになるだろうか。それでも、和食は無形文化財に登録された。世界に認められた和食。その和食に日本人がもっと興味を持つべきだと私も思う。

ベトナムの農業についての話も興味深かった。学生の意見が聞けたのは良かった。あと、もうちょっと滑舌良いほうが聞きやすいと思う。

【放送大学】環境と社会

タグ

環境と社会 【総合科目】

放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(木曜)20時00分~20時45分
第2学期:(金曜)9時45分~10時30分

講義概要

環境問題の歴史的な流れを概観し、その変遷の中でどのような解決の努力が払われてきたか解説する。環境問題を解決するというのはどういうことか、環境というものの価値をどのように評価するのか、そこにおいて経済学はどのような役割を果たすのか、そして法はどのような使命を有しているのかを考える。わが国は、そして世界は、どのような努力をしているのかを概観し、持続可能な社会の実現に向けた課題と現在の取り組みについて解説する。

授業の目標

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧されている。このようなリスクを解決し、真に持続可能な人間社会を実現するための諸々の考え方を身に付け、現在、社会的にどのような手法がとられているのか、国際的な対応はどのようになされているのかなどの概要を理解する。

履修上の留意点

環境問題の解決に向けた技術的な取り組みの詳細については、他の講義に譲り、本講義においては社会科学的な観点からの環境問題への取り組みを理解してもらうことを主眼とする

【受講理由】

地球環境に興味があったので。

【興味度】☆

第11回 環境における法規制の役割 を聞いた感想

地球規模で環境を考えるとき、法規制の役割は重要だと思う。



【放送大学】 子ども・青年の文化と教育

タグ

,

来年10月から放送大学入学を考えているので、本当に大学で学べるのか、自分が興味ある科目は何か、どんな講義か、などを知っておきたかったので興味ありそうな科目を聞いてみました。今回は、子ども・青年の文化と教育

子ども・青年の文化と教育 (ラジオ)

講義概要

子どもや青年(若者)は、大人とは異なる独自の「子ども文化」・「青年文化」を作り上げている。そして、そういった文化のみならず、家庭や学校や友人など、さまざまな社会的エージェント(組織・集団)に影響を受け、社会化され一人前の大人に成長していく。それでは、そのような影響を受けながら、現代の子どもや青年(若者)は、どのように成長して一人前の大人になっていくのか。そして、そこにはいかなる問題、とくに現代的問題が存在するのか。さらに、そのような問題に対し、どのような支援が行なわれているのか。以上のような関心を軸に、この科目では、教育学・社会学・心理学・社会福祉学という学際的な視点から、子ども・青年の成長と教育について、社会的側面を中心にしながら総合的に考察する。

授業の目標

現代の子ども・青年の成長を取り巻く状況はいかなるものであり、そこにはどのような問題が横たわっているのかといった点について、個別の専門学問領域の枠を超えて、社会的に広い視野に立ち、人間の成長と教育に関する客観的・総合的に考察する力を身につける。

履修上の注意点

・他の教育関連の科目、とりわけ教育学入門、教育社会学、発達心理学などの関連の科目も、あわせて履修することが望ましい。

・印刷教材を熟読したうえで、放送教材に取り組むこと。双方の教材をあわせて学習することで、この科目の学習目標が達成される。

第11回テーマ アメリカの大学におけるキャンパス文化の歴史①:カレッジの時代

キャンパス・ライフの歴史は、遊びたがる学生と教えたがる教師の葛藤の歴史であったとされる。現在のアメリカの大学生は、よく勉強するといわれる。しかし、そうなったのは、それほど昔の話ではない。アメリカの大学でも「遊びたがる学生」たちが、さまざまな課外活動文化に熱中していた時代があった。そこで、本章では、アメリカの大学がカレッジであった時代に焦点を当て、当時のキャンパス文化の状況を紹介・検討し、それとの比較をとおして、現在の日本におけるキャンパス文化の状況を考える参考とする。

【キーワード】

アメリカの大学、カレッジとユニバーシティ、遊び文化、勉強文化
【聞いた理由】

5歳の娘がいるので、「子どもや青年(若者)は、大人とは異なる独自の「子ども文化」・「青年文化」を作り上げている。そして、そういった文化のみならず、家庭や学校や友人など、さまざまな社会的エージェント(組織・集団)に影響を受け、社会化され一人前の大人に成長していく。それでは、そのような影響を受けながら、現代の子どもや青年(若者)は、どのように成長して一人前の大人になっていくのか。」と言うところに興味を持った。
【感想】

集中力が15分しか保たなかった。

興味度 ★

クロスバイクで約34kmの自転車通勤

タグ

現在仕事は週4日行ってます。月にすると大体17日出勤です。

今は電車で通勤してます。

考えてみました。

月に17日出勤ということは、定期代を計算すると2日分しか得してません。

一ヶ月の定期の料金は、大体15日分になってるので。

というわけで、会社まで片道34キロを自転車で行こうと考えてます。

だって、月に3日以上自転車通勤すれば定期代より安くなるんですよ。

一日、1500円得します。

これは、やるっきゃない。

以前もシクロクロスで通勤してたことがありました。

体重が減って良かったのですが、腰痛や帰りが怖くてやめちゃいました。

今回は、一日乗れば1500円が浮くと考えればやれそうな気がします。

20日乗って3万円浮かせてGARMINのライフログウォッチが買いたい!

研修先までも自転車で行ってるので、流石に毎日自転車で通うってのは無理ですが、週5日は自転車で通いたいですね。

無理ない程度でね。

自転車通勤で一番気をつけなければならないのは、事故です。

事故にあってからでは遅いので自転車保険に加入しました。

保険に加入したからと無謀な走りをしていいわけではありません。

僕は、自転車は余裕を持って乗ることが大事だと思います。

目的地に早くつくことも大事ですが、自転車は目的地までの道のりが大事です。

道に咲く花を見て季節を感じてみたり、そんな余裕が大事です。

目的地に早く着くだけなら自転車より早い乗り物はたくさんあります。

自転車は、余裕を持って譲り合いながら乗るのが大事だと思います。

例えば、後ろからトラックが迫ってると感じたら端によりトラックを先に行かせるとか。

周りに目をやり、車が、人がどこにいるかを考えて走らなければいけません。

スピードだけを求めて自転車に乗ったら確実に事故に合います。

楽しみながら常に恐怖心を持って乗ること。

車に乗ってると自転車にあまり気づかないものです。

安全に目的地に着くことを第一に自転車に乗りたいと思います。

相棒は、TREKのクロスバイク。

勉強時間の確保

過去のどうにもならないことで悩むのをやめました。
これからのことを考え前を向いて行動に移します。
本題 「勉強時間の確保」についてです。

仕事や研修を考え無理せず勉強時間を確保することを考えるとこれが限界でしょう。

週12.5時間×4.25週=月53時間×12ヶ月=637時間

このくらいはやりたいですね。

正直、来年3月に中国語検定2級合格するためには厳しい時間。

研修先まで自転車通いになるし、研修終わって1時間勉強できるかというと怪しい。(すぐ寝ちゃいそう)

でも、中国語検定2級合格するために頑張ろうと思います。

発音練習はお休み

一カ月発音練習をする予定でしたが、定期の鬱状態に突入しているため、中国語の勉強はお休みしてます。

鬱と言っても大したことはないのですが、この状態だと何もやりたくない。

元々、僕は自信がない人間で、容姿がダメ、性格がダメ、頭が悪い、何をやってもダメと全て否定されて生きてきました。

なので、突発的な鬱に入りやすいんです。

だから、中国語の勉強してるんですけどね。

少しでも自信が持ちたくて。

でも、変わりたい、変われると思う自分と変われないと思う自分が戦って変わりたい、変われると思う自分が負けるんです。

頻繁に負けます。

どうすることもできないことに悩み、ネガティブにばかり考えて睡眠時間は1時間って日もあります。

ということで、今回は、鬱状態に入る前にやってた中国語の勉強について書いておきます。

【NHK WORLD NEWSを使った勉強】

NHK WORLD NEWSというサイトはご存知ですか。

NHKが外国語でニュースを配信しているサイトです。

直接サイトを見るよりアプリを使った方が便利です。

記事とその記事に沿った音声があります。

まず記事をコピーしてどんと来い中国語というサイトでピンイン変換します。

変換したものをgoogleのドキュメントにコピペします。

色がついた単語は、意味がわからない単語でクリックすると意味が出るようにしてあります。これが地味に便利。

音声はアプリで聴けますが、時間が経つと更新され消されるのでPodcastに登録してダウンロードしておきます。画像はiOSに付いてるPodcastです。

聴くのは、speaterで。

speaterは、ピッチを変更できますし、細かく区切って繰り返し聴くことも可能です。

僕は、リスニング対策用にピッチを1.2倍して聴いてますが、まだついていけてません。

speaterは、語学学習者にとって必須アプリです。

NHK WORLD NEWSの記事は、とても良い勉強教材になると思います。

単語力、長文読解、リスニング、ディクテーション、シャドーイングなど様々な勉強法に使えます。

サイトに上がってる記事を全てやるのではなく、自分が興味のある記事を選んで勉強するのがいいでしょうね。

興味のある記事なら内容を把握するのは興味のない記事より幾分容易にできると思います。

記事を日本語に翻訳したものはありませんし、ネイティヴの読むスピードも速いので初心者向きではないですが、中級以上の方にとってはよい勉強教材になると思います。

TOEIC950点の人でも

中国語検定2級を目指す僕が最近よく見ているブログ

中国語中級の壁突破を目指して

ブログを書いてる方は女性ですが40代でご結婚さらていてお子さんがいらっしゃるようで、僕と境遇が似てるので最近よく拝見しています。

しかし、僕と違うのは頭のデキです。

TOEICで950点採られたことがあるそうで、この辺は僕と全く違います。

僕は、一年アメリカにいたことがありますが(遊学してました)、TOEICは450点が最高です。

なので、たくさん参考になることが書かれているのですが、同じように勉強しても合格できる気はしません。ので、あくまでも参考として読んでます。

このブログを書かれてる方は、中国語検定3級に合格してから600時間で合格したそうです。年月にすると、1年6ヶ月で合格したそうなのでコツコツ勉強されていたんだと思います。

コツコツができない僕とはこの辺も違います。

しかし、この600時間と言う時間はとても参考になります。

365日毎日100分勉強すれば届く数字です。

勿論、中国語検定3級に合格してたとしても、どのレベルで合格したかによって3級合格から2級合格までにかかる時間は違うと思います。

なので、あくまでも目安ですし、僕は600時間勉強しても合格できるとは思えません。が、コツコツ勉強して合格したいと思います。

中国語発音完全マスター


アマゾンで評価がよかったこの本。
まだぱっとしか見てませんが、評価が良い理由がわかりませんでした。

他の本とどこが違うんだろう。

しかし、発音に関してみんなバラバラなことを言うので初心者は混乱しますね。

とにかく、この本で僕の発音が良くなることを期待したいです。

もし、良くなったら間違いなく買いです笑。

正直いいますと、昔オンラインで教わってた時、先生に「あなたの発音はもう直らない。」と言われたことがあるので笑。

一カ月、しっかり読み込んで発音練習をたくさんしてダメダメな発音を直したいと思います。

現在の発音がどんな感じかInstagramにUPする予定です。

Instagram : longyi5150

聴いて笑ってください。

中国語学習法

学習法は、学習者の数だけあるので自分に合う学習方法が見つかるまでは苦労すると思います。

自分も自分に合う学習方法にはまだ巡り合っていません。

なので、いろんな方法を試してるわけですが、浮気性の自分としては、同じ参考書をひたすらやるのが良いのかなと思ってます。

文法、長文読解、単語、発音をそれぞれの参考書で学ぶのではなく、一つを軸にしてやっていく。

その中で選んだ参考書が『聴読中国語』です。

『聴読中国語』

内容(「BOOK」データベースより)

これまで中国語を学習する時に、何を、どれだけ、どう覚えたら、どのレベルまで到達出来るのか分からないという状況がありました。本書は、より速く、より高い学習効率とモチベーションで中国語の単語・語法・読解力に加えて、聴き取る力を身に付け、初級から中級・上級へと効率良くステップアップして頂くためのものです。私自身が中国語を学ぶ際に、こんな中国語学習書が欲しかった!と思える、中国語の特徴を捉えた日本人に最適で、学習効率の極めて高い中国語教材です。本書を繰り返し聴き込み、読み込むことによって、使える中国語を身に付けて下さい。

約5000語の単語が載っており、長文もあるので長文読解の学習にも役に立ちます。

単語、長文が収録された音声DVDが付いてますのでリスニング、シャドーイング、ディクテーションの学習もできます。

この参考書を基本に、わからないところは文法書などで補いながら学習していこうと思います。