一カ月発音練習をする予定でしたが、定期の鬱状態に突入しているため、中国語の勉強はお休みしてます。

鬱と言っても大したことはないのですが、この状態だと何もやりたくない。

元々、僕は自信がない人間で、容姿がダメ、性格がダメ、頭が悪い、何をやってもダメと全て否定されて生きてきました。

なので、突発的な鬱に入りやすいんです。

だから、中国語の勉強してるんですけどね。

少しでも自信が持ちたくて。

でも、変わりたい、変われると思う自分と変われないと思う自分が戦って変わりたい、変われると思う自分が負けるんです。

頻繁に負けます。

どうすることもできないことに悩み、ネガティブにばかり考えて睡眠時間は1時間って日もあります。

ということで、今回は、鬱状態に入る前にやってた中国語の勉強について書いておきます。

【NHK WORLD NEWSを使った勉強】

NHK WORLD NEWSというサイトはご存知ですか。

NHKが外国語でニュースを配信しているサイトです。

直接サイトを見るよりアプリを使った方が便利です。

記事とその記事に沿った音声があります。

まず記事をコピーしてどんと来い中国語というサイトでピンイン変換します。

変換したものをgoogleのドキュメントにコピペします。

色がついた単語は、意味がわからない単語でクリックすると意味が出るようにしてあります。これが地味に便利。

音声はアプリで聴けますが、時間が経つと更新され消されるのでPodcastに登録してダウンロードしておきます。画像はiOSに付いてるPodcastです。

聴くのは、speaterで。

speaterは、ピッチを変更できますし、細かく区切って繰り返し聴くことも可能です。

僕は、リスニング対策用にピッチを1.2倍して聴いてますが、まだついていけてません。

speaterは、語学学習者にとって必須アプリです。

NHK WORLD NEWSの記事は、とても良い勉強教材になると思います。

単語力、長文読解、リスニング、ディクテーション、シャドーイングなど様々な勉強法に使えます。

サイトに上がってる記事を全てやるのではなく、自分が興味のある記事を選んで勉強するのがいいでしょうね。

興味のある記事なら内容を把握するのは興味のない記事より幾分容易にできると思います。

記事を日本語に翻訳したものはありませんし、ネイティヴの読むスピードも速いので初心者向きではないですが、中級以上の方にとってはよい勉強教材になると思います。

広告